オリンピックチケット払い戻し忘れた!期間やリセール・譲渡はできる?

オリンピックチケット払い戻し忘れた 東京オリンピック

いよいよオリンピックが近づいてきましたが、ここにきて話題になっているのがチケットの払い戻しですよね。

昨年のチケット払い戻し期間には、今の時期には安全に開催できるようになっているかも!と考え払い戻しをしなかった人もいますよね。

ですが、ふたを開けてみれば厳しい状況で、チケットを払い戻し忘れた!今からでも払い戻したい!という人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、オリンピックチケット払い戻し忘れた!という方に向けて、今後の払い戻し期間や、チケットのリセール・譲渡はできるのかを調べてみました。

オリンピックチケット払い戻し忘れた人続出

ツイッターでは、オリンピックチケット払い戻し忘れた人が続出しています。

理由としては、やはり現状での観戦が厳しいことですね。

一部には、払い戻しができなければ家族に譲渡したいという声もありました。

オリンピックチケットの払い戻し期間は?

疑問

公式サイトには払い戻し期間について次のように記載されています。

オリンピックチケットの払い戻し期間

7月6日(火)~7月15日(木)午前11:59

払い戻し期間は10日間と意外に短いので、この期間を逃さないように早めに手続きを行うと安心ですね!

 

オリンピックチケット払い戻しの対象者は?

払い戻しの対象となる人ははこちら。

  • オリンピック観戦ができなくなってしまった人
  • 観戦を希望しない人

※観客人数制限による再抽選で観戦の権利を失った人は自動的に払い戻しが行われますので、払い戻しの手続きは不要です。

払い戻しに関する案内は登録のメールアドレスに連絡がきますので、確認してください。

 

オリンピックチケット払い戻しの要否確認のタイミングは?

再抽選の結果は7月6日(火)の未明に、オリンピック公式チケット販売サイト内の[マイチケット]に掲載されます。

払い戻しをしたい人で再抽選の対象となっている場合※は、再抽選の結果を確認し、当選の場合は手続きを行ってくださいね。

※再抽選の対象かどうかはオリンピック公式サイト等をご確認ください。

オリンピックチケット払い戻し忘れた場合にリセールや譲渡はできる?

先ほどチケットの払い戻しは可能と紹介しましたが、もしも払い戻し忘れた場合にリセールや譲渡はできるのでしょうか?

リセールできる?

リセールとは、オリンピックチケット公式サイトがチケットを定価で転売することを指します。

当初は公式リセールサービスを行うことで予定されていましたが、中止となったことが公式サイト上で発表されました。

ですので、リセールを予定していた方は7月6日(火)~15日(木)の払い戻しで手続きを忘れずに行いましょう。

譲渡できる?

結論から言えば、譲渡は可能です。

譲渡する相手についての詳細な条件はなく、海外の友人への譲渡も可能との記載がありました。

ただし以下の2点の注意点があります。

  • チケットの券面額を超えた金銭・利益の受領NG
  • 来場予定者の事前登録が必要(入場時に本人確認が行われる可能性あり)

 

来場予定者の登録をしておけば家族や友人知人にチケットを使ってもらうことができるんですね。

来場予定者の登録は、オリンピックチケット公式サイトから「毎チケット」→購入履歴から変更で手続きできます。

来場予定者の変更は競技が行われる当日まで可能ですので、万が一直前でチケットを譲渡する場合にも対応していますね。

 

ただし、直接の知り合いや友人・知人で現状から考えて直前にチケットを譲り受けて観戦に行きたい人はそんなに多くないような気がします。

そのため、なるべく早めに払い戻しの手続きを行ったほうがよさそうですね。

ツイッターでは既に譲渡したい人、譲渡を受けたい人のやりとりがツイートされています。

  • 男子バレー 日本代表戦のチケットほしい
  • 競技・日程問わないので、チケット持ってる人がいたら譲ってほしい

 

チケットを無駄にしないために、との考えのようです。もしも状を受けたい場合は、ツイッターで希望の競技や日程を探してみるといいかもしれませんね。

払い戻しが開始すると、こういった譲渡の提案も減るかもしれません。

譲渡を受けたい方は払い戻し期間の前に積極的に探してみると良さそうですね!

まとめ

今回は、オリンピックチケットの払い戻し期間や、チケットのリセール・譲渡はできるのかを調べてみました。

再抽選で観戦の権利を得ても観戦しない場合は、7月6日からの払い戻し期間で手続きを行ってくださいね。

スケジュールから見て、今回が最後の払い戻し期間だと思われますので、手続きを忘れずに行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました